キャバクラの形態 | キャバクラで働くなら、体験入店を利用してみよう!

キャバクラで働くなら、体験入店を利用してみよう!

羽と見上げる女性

キャバクラの形態

黄昏ている女性

キャバクラという店は一般的に夜の店、というようなイメージがあると思いますが、最近ではその形態も変わってきています。
夜の店に対する法律が厳しくなったこともあり、24時までしか営業できない、というような決まりが出来てしまいました。
このことによって、キャバ嬢たちも稼ぎにくくなりました。
そこで、昼キャバに移行している人もいるのです。
昼キャバとは、お昼の12時頃から夕方頃までやっているキャバクラなのですが、時給は夜に比べたらやや低くはなりますが、長時間ガッツリ働きたい、というような人に向いている形態です。
夜営業の店は、飲みに来てテンション上がってそのノリで、というような感覚で来る人も多く、すでにアルコールの入った状態のお客様がほとんどです。
しかし、昼キャバは主にどこかの社長であったり、収入や時間に余裕のある人がよく来るので、そういった人と話をしてみたい!という人は昼キャバの方がいろいろと深い話を聞くことが出来るかもしれません。
昼キャバで働く人は結婚していたり、子どもを育てている人が多いようです。
旦那が働いている時間に、であったり子どもを託児所に預けている時間に働いたり、と、極力バレないようにしているようです。
キャバクラ側もそこにしっかり協力してくれるので、そう簡単にバレることはないでしょう。
ちょっとお小遣いを稼ぎたい、というような人には最高の仕事だと思います。
もちろん夜キャバには夜キャバのいいところがあります。
キャバクラといったらやっぱり夜の街にあるものですし、なにより集客率が昼よりも高いので、暇だなーと思うことはほとんどありません。
毎日いろんなタイプのお客様と接することが出来るので、楽しい時間が過ごせるでしょう。
自分の生活スタイルに合う方はどちらかを見つけることで、より稼ぐことが出来るでしょう。

↑ PAGE TOP